• トップ
  • リモートサービスマネージャーのサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

リモートサービスマネージャーのサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

2014/03/17

  • remote

内容・対象製品・対処方法

■内容


   
悪意のある第三者がこの脆弱性を利用すると、リモートサービスマネージャーが稼働するサーバーのCPUリソースが枯渇する可能性があります。

※リモートサービスの中継サーバーを経由して攻撃する脆弱性ではありません。この脆弱性を利用する場合、リモートサービスマネージャーにアクセスできるネットワークを経由する必要があります。


対象製品


  サイボウズ リモートサービス バージョン 3.0.0〜3.1.0、および 2.0.0 世代を含みます。


対処方法


「サイボウズ リモートサービス バージョン 3.1.1」 にバージョンアップしてください。

  
  ▼ ダウンロード
  http://products.cybozu.co.jp/remote/trial/download/
  ▼ マニュアル
  http://manual.cybozu.co.jp/remote/